ダウおよびデュポン、欧州委員会より対等合併への条件付き承認を取得
合併とその後予定する3つの独立した強固な企業への分社に向け、重要な節目に到達―
―30億ドルの大幅なコスト削減効果ならびに10億ドルの成長効果が予測される―

2017年3月27日、米国デュポン社(本社:米国デラウエア州ウィルミントン、会長兼最高経営責任者:エドワード・ブリーン)およびザ・ダウ・ケミカルカンパニー(本社:ミシガン州ミッドランド、会長兼最高経営責任者:アンドリュー・リバリス)は、両社の対等合併につき、欧州委員会(EC)より条件付きで承認されたことを発表しました。

今回の承認は、合併を完了し、その後予定する3つの独立した会社のスピンオフに向けた大きなステップとなります。本合併では、約30億ドルの大幅なコスト削減効果および10億ドルの成長効果が見込まれます。分社後の3社は、世界的な課題解決のために必要な特徴あるソリューションを求めるそれぞれの成長分野において、リーダーとなることが予想され、長期的には、この3社分割がステークホルダーならびに顧客にはさらなる価値を生み出し、従業員はより多くの機会を得ることができるようになると見込まれています。  

欧州委員会の承認は、デュポンおよびダウが欧州委員会に提案したコミットメントを達成することが条件となっています。両社は欧州委員会の審査結果は競争促進的なものであり、合併の戦略および価値創出に影響はないと確信しています。

具体的には、デュポンは、広葉雑草用除草剤および殺虫剤の一部製品を売却する予定です。また、デュポンは農薬事業の開発パイプラインおよび組織を売却する予定ですが、種子処理、殺線虫剤および最終段階にある開発プログラムは除外します。最終段階にある開発プログラムに関しては、デュポンが引き続き開発および上市を実施する予定です。さらに、デュポンが引き続き販売する製品および研究開発プログラムに必要な従業員についても、対象から除外されます。デュポンは、現在、農薬事業の資産売却を交渉中です。

また、ダウは、2017年2月2日に、世界規模で展開しているエチレンアクリル酸(EAA)コポリマーおよびアイオノマー事業を、SK総合化学(SK Global Chemical Co., LTD.)に売却することで合意したと発表しました。これらの売却は、規制当局への申請、各国の労働法及び企業統治などと並び、ダウとデュポンの合併条件の一部です。

デュポンの一部農薬事業を売却後、合併した農業部門は、トウモロコシおよび大豆用の優れた広葉・イネ科除草剤、優れた穀類用除草剤、殺菌剤におけるデュポンの強固な地位、ならびにダウ・アグロサイエンスの業界をリードする殺虫剤製品などの卓越した農薬事業資産を保持し続けます。農業部門は、世界中の生産者のニーズにより応えていくための種子および農薬における強固なパイプラインを活用し、革新的なソリューション、より優れた選択肢、競争力のある価格と価値の提供により、成長を加速して参ります。

両社は、残りの所定当局における合併承認に向け継続して規制当局と取組んでおり、合併は達成されるものと確信しています。

追加情報については、www.dowdupontunlockingvalue.com. をご覧ください。

デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

Contact Information

DOW CONTACTS DUPONT CONTACTS

Investors

Neal Sheorey

nrsheorey@dow.com

+1 989-636-6347

Investors

Greg Friedman

greg.friedman@dupont.com

+1 302-774-4994

Media

Rachelle Schikorra

ryschikorra@dow.com

+1 989-638-4090 

Media

Dan Turner

daniel.a.turner@dupont.com

+1 302-996-8372 

本参考資料は、米国時間2017年3月27日に米国デュポン社が配信したリリースの抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。将来の見通しなどに関する記述は、米国デュポン社が配信したリリースをご参照下さい。