米国デュポン社声明:欧州委員会の調査

                             DuPont Statement: European Commission Investigation

WILMINGTON, Del., Oct. 21, 2014 – Thierry F.J. Vanlancker, president, DuPont Chemicals & Fluoroproducts, said the following about the European Commission’s Statement of Objections:

“DuPont has complied at all times with applicable laws in its development and commercialization of HFO-1234yf, and we plan to defend vigorously against the Commission’s allegations and preliminary conclusions. This is one step in a long process, and while it may take years to be resolved, we are confident that the Commission will ultimately conclude that actions taken by DuPont complied with applicable laws. We will fight this every step of the way, as it has no basis in law or fact.

“We are disappointed in the European Commission and in the process leading up to this point.  DuPont and Honeywell developed HFO-1234yf jointly in response to the European Union’s Mobile Air Conditioning (MAC) Directive. This regulation requires automakers to use a refrigerant with very low global warming potential (low-GWP) for vehicle air-conditioning systems. The regulatory timeframe was short considering the significant challenges of developing and commercializing a refrigerant that meets all the automotive industry’s needs. This short timeframe was a primary reason for DuPont and Honeywell working jointly to develop HFO-1234yf.

“Without DuPont and Honeywell’s joint development, HFO-1234yf would not have been successfully developed and brought to market, and there would today be no commercially available solution satisfying the MAC Directive’s criteria.  From the outset, the companies have marketed and sold the refrigerant separately and independently, as competitors in the marketplace. DuPont has invested heavily to develop jointly a solution that greatly reduces potential climate impact.  We have endured a host of regulatory, technical and financial challenges to be able to proudly offer this product to our customers, and we are disappointed the Commission chose to file this Statement in the final days of this Commissioner’s tenure, after having looked at these facts for multiple years.  We will respond to the Statement and will work to ensure that the Commission understands the competitive landscape and the details of our competitive relationship with Honeywell.

“Regardless of the Statement, the EU MAC Directive remains in full force today, with all new vehicles required to use a refrigerant with a GWP of under 150 by January 2017.  HFO-1234yf has a 99.9 percent lower GWP than the refrigerant it was designed to replace, and meets a range of critical performance, sustainability and safety needs.  Other low-GWP refrigerants are available for use in complying with the MAC Directive, but most automakers have concluded that HFO-1234yf is the best option.  Most of the world’s major automakers have already started their commercial transition to HFO-1234yf, and all but one are working to adopt HFO-1234yf.

“DuPont remains committed to work with our customers to ensure we meet their demand needs as they prepare to comply with the MAC Directive and other global programs that are driving mobile air conditioning to low GWP options.”

DuPont – one of the first companies to publicly establish environmental goals more than 20 years ago – has broadened its sustainability commitments beyond internal footprint reduction to include market-driven targets for both revenue and research and development investment. The goals are tied directly to business growth, specifically to the development of safer and environmentally improved new products for key global markets.

DuPont (NYSE: DD) has been bringing world-class science and engineering to the global marketplace in the form of innovative products, materials, and services since 1802.  The company believes that by collaborating with customers, governments, NGOs, and thought leaders we can help find solutions to such global challenges as providing enough healthy food for people everywhere, decreasing dependence on fossil fuels, and protecting life and the environment.  For additional information about DuPont and its commitment to inclusive innovation, please visit http://www.dupont.com.

                                                                        #   #   #


                                                                                                                            2014年10月23日

(参考和訳)


                                               米国デュポン社声明:欧州委員会の調査

 米国デュポン社(本社:デラウエア州ウィルミントン、会長兼最高経営責任者:エレン・J・クルマン)の特殊化学品・フロロ製品事業部プレジデント、ティエリー・F.J.・ヴァンランカーは、2014年10月6日(米国時間)、欧州委員会の異議告知書に関して以下のように声明を発表しました。

「デュポンはHFO-1234yfの開発および商品化において、常に適用法規制を順守してきました。この度の欧州委員会の主張および予備的結論に対し、当社は積極的に私どもの立場を擁護していく所存です。これは今後の長い道のりの第一歩であり、問題解決までに数年を費やすことになるかもしれませんが、わたしたちは、欧州委員会が、最終的にはデュポンが取ってきた行動は適用法を順守しているという結論に至ることを確信しております。法的あるいは事実に基づく根拠のない状況に対し、わたしたちはあらゆる段階において立ち向かいます」

「当社は、欧州委員会に、そしてこのような事態に至ったことに失望しております。デュポンおよびハネウェル社はHFO-1234yf冷媒を共同開発しましたが、それは欧州連合のカーエアコン指令(MAC)に応えてのことでした。本指令は、自動車メーカーに対し、カーエアコンシステム用途として地球温暖化係数が非常に低い(低GWP)冷媒の使用を義務付けています。本規制については、自動車産業でのあらゆるニーズを満たす冷媒を開発、商品化するという大きな課題であることを考えると、実施までの期限は短いものでした。デュポンとハネウェル社はHFO-1234yf冷媒を共同開発することになったのも、この期限が短いことが第一の理由でした」

「デュポンとハネウェル両社の共同開発が実現しなければ、HFO-1234yfは、開発はもとより、市場での販売に至ることはなかったでしょう。そして今日、MAC指令の基準を満たす製品は市販されないままだったでしょう。両社は、共同開発の当初から、市場では互いに競合するメーカーとして、それぞれが別個にこの冷媒を営業、販売をしてきました。デュポンは、気候への潜在的影響を大幅に低減する解決策の共同開発に多額の投資を行いました。当社は多大なる規制上、技術上、そして財政上の課題を切り抜けた結果、顧客の皆さまに自信を持ってこの製品を提供できることとなりました。そのため、欧州委員会が数年にわたりこれらの事実を目にしながら、委員の任期満了まで数日という時期にこのような告知書の送付を選んだことに、わたしたちは失望の意を隠せません。当社は委員会からの告知書に対し返答をするとともに、欧州委員会が、市場における競争環境、および当社とハネウェル社との競争関係の詳細を十分に理解されるよう努めてまいります」

「本告知書の送付にかかわらず、欧州連合のMAC指令はいまも効力を維持しており、2017年1月までにすべての新車にGWPが150未満の冷媒を使用することが義務付けられています。HFO-1234yfは、従来の冷媒に取って代わるものとして、従来品のGWPを99.9%低減する低GWP冷媒であると同時に、一連の重要な性能、持続可能性、および安全面の要求に応える製品です。他にもMAC指令に適合する低GWP冷媒が市販されていますが、ほとんどの自動車メーカーは、HFO-1234yfが最良の選択肢であると結論付けています。世界中の大手自動車メーカーの大半がすでにHFO-1234yfの販売体制の移行を始めており、また、そのほとんどが本製品を導入する方向で取り組んでいます」

「デュポンは引き続き顧客とともに取り組み、カーエアコン用途に低GWPの選択を促すMAC指令および他の世界規模のプログラムに適合するための準備を整える上で必要となるニーズを満たすことを約束いたします」

デュポンは、20年以上前に環境目標を他社に先がけ策定し、公表した企業の一つです。現在その目標は持続可能性の公約として、収益や研究開発投資、製造から販売にいたる当社の業務全般に拡張されています。これら目標はビジネスの成長に直結し、特に主要なグローバルマーケットに向けた安全で環境負荷削減に貢献する新製品の開発に注力しています。

デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

                                                                   #  #  #