デュポンの植物由来1,3-プロパンジオールSusterra®が、 オカムラのスチール什器用バイオマス塗料原料に採用

 デュポン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中能之、以下「デュポン」)は、デュポンの植物由来材料1,3-プロパンジオール、Susterra®プロパンジオール※1が、株式会社岡村製作所(神奈川県横浜市、社長:中村 雅行、以下「オカムラ」)が開発したスチール什器用被覆材「バイオマス塗装」の原料に採用されたと発表しました。オカムラのつくば事業所で生産している収納システム「Rectline(レクトライン)」へ2015年1月生産分より順次導入されます。
 Susterra®プロパンジオールは、米国デュポン社と英国テート・アンド・ライル社の合弁会社であるデュポン・テート・アンド・ライル・バイオプロダクツ社が製造、販売するバイオベース材料です。

 オカムラでは全ての事業活動において環境負荷低減活動を実施されていますが、このたびその一環として環境に配慮したバイオマス塗装を導入します。バイオマス塗装とは、再生可能な植物由来の材料を利用し化石資源を減量した樹脂による塗料を用いて、地球温暖化防止へ貢献するものです。

 Susterra®プロパンジオールは、米国デュポン社の先端バイオ技術である発酵プロセスを用いて植物の糖から製造する100%植物由来のグリコールで、今回開発したバイオマス塗料の原料として使用されています。バイオマス塗装の導入により、年間およそ22.5tのCO2削減効果があり、これは約1600本の杉が1年間に吸収する量に相当します※2

 今回開発されたバイオマス塗装は、一般社団法人日本有機資源協会よりバイオマスマーク認定を取得しています(認定NO.140013)。バイオマス塗装の導入対象としては、オカムラのつくば事業所にて生産している収納システム「Rectline」の粉体塗料塗装(仕様:ZA75 ネオホワイト)ですが、今後適用範囲の拡大が期待できます。

 デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

※1 Sustera®はデュポン・テート・アンド・ライル・バイオプロダクツ社の登録商標です。
※2 2013年 該当製品の塗料使用実績より算出 

                                                                  #  #  #