米国デュポン社、2015年第4四半期 および通期の1株当たり営業利益を発表
2016年のコスト削減目標を、ランレートで10億ドルに引き上げ
2016年通期営業利益は、1株当たり2ドル95セントから3ドル10セントの見込み

デラウエア州ウィルミントン、2016年1月26日-世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提供するサイエンスカンパニーの米国デュポン社は、2015年第4四半期の1株当たりの営業利益を前年同期の57セントに対し今期は27セントと発表しました。GAAP1利益(損益)は、昨年同期が1株当たり63セントの利益であったのに対し、今期は1株当たり26セントの損失となりました。

2015年通期の1株当たり営業利益は、前年の3ドル36セントに対し、2ドル77セントとなりました。GAAP利益1は、前年度が1株当たり3ドル39セントであったのに対し、今年度は1株当たり2ドル9セントでした。

第4四半期の売上高は、為替(8%)および販売量(1%)の影響により、昨年同期より9%減少し53億ドルとなりました。通期売上高は、為替(7%)、ポートフォリオ(2%)、および販売量(3%)の影響により、前年度より12%減少し251億ドルとなりました。

詳細はPDFをご覧ください。

業績の詳細情報