デュポンとヴァージニア大学、プロバイオティクスによる呼吸器免疫機能の維持を実証

米国デュポン社(本社:デラウエア州ウィルミントン、会長兼最高経営責任者:エドワード・ブリーン)のニュートリション&ヘルス事業部は、査読付き学術雑誌『Beneficial Microbes』に掲載された デュポンとヴァージニア大学の共同研究において、プロバイオティクスの摂取は、健康な呼吸免疫機能の維持に寄与することが実証されたことを発表しました。この研究では、ライノウイルスに感染した健康な成人被検者を対象に、無作為化二重盲検プラセボ対照試験を用いてプロバイオティクスの効果を調査しました。その結果、20億CFU/日の Bl-04™を経口摂取することで、ライノウイルス感染の炎症反応に効果があることが示されました[1]。普通感冒(かぜ)は、世界的に広く見られる疾病であり、その多くがライノウイルス感染によって発生します。

この研究では、デュポンのプロバイオティクス菌株、Bifidobacterium lactis Bl-04™ (Bl-04™) を患者に1か月間投与し、自然免疫応答と鼻腔内のライノウイルス量が調査されました。ライノウイルス感染後の5日間にわたり、Bl-04™摂取の前後に鼻洗浄物が収集され、それに含まれるウイルスと免疫マーカーが分析されました。プラセボ群と比較した結果、感染中の鼻洗浄物内に存在するライノウイルス量が少なく、鼻孔内からライノウイルスが検出された被検者の割合が低かったことから、「HOWARU® Protect Adult」として販売されているプロバイオティクスサプリメントに、鼻孔内のウイルスに対する効果が認められました。

ヴァージニア大学医学部小児科教授、Ron Turner医学博士は、「この短期間の比較試験において観察された効果はわずかなものであり、通常の環境で発生する疾病を抑制する効果のごく一部を解明しているにすぎない可能性があります」としながらも、「しかしこの結果は、特定のプロバイオティクスがヒト宿主の自然免疫機能にもたらす効果を、今後さらに調査することへの有用性を示唆しています」と述べています。

この研究アプローチは感染モデルと呼ばれ、対照群を置いた条件下で、プロバイオティクスを使用するヒト被験者における感染と宿主反応の間の相互作用を解明できるという独自性があります。この新しい研究結果は、Bl-04™の経口摂取によって、摂取後の自然免疫系応答およびライノウイルス感染後の鼻孔内での炎症反応が改善される可能性を示唆しています。

プロバイオティクスはこれまで、前臨床細胞モデルおよび動物モデルを使用した研究で、抗ウイルス応答の発現誘導が認められています。さらに Bl-04™は、5か月間にわたる臨床試験で、上気道疾患の症状のリスクを抑制することが証明されています[2]。

「デュポンは、妊娠中の女性および乳幼児向けの HOWARU® Protect EarlyLife から、HOWARU® Protect Kids、HOWARU® Protect Sport、 HOWARU® Protect Senior、そしてHOWARU® Protect Adult まで、臨床的に効果が確認されたプロバイオティクスの製品ラインを取り揃えています。当社は今後も、免疫力や消化器の健康、また新しい領域の健康維持・増進に向けて、プロバイオティクス臨床研究に取り組み続けます」と デュポン ニュートリション&ヘルスのグローバル プロバイオティクス マーケティング リーダー Megan DeStefanoは述べ、「HOWARU® Protect Adult (Bl-04™) は、免疫力の維持・増進効果が臨床的に確認された世界最高のプロバイオティクスの1つです。このような効果的で安定したプロバイオティクスを提供し、お客様のお役に立てることを誇りに思います」と続けています。

デュポンは、免疫機能におけるプロバイオティクスと腸内細菌叢の役割をさらに解明するため、引き続き研究に取り組みます。Bl-04™は、ライノウイルス感染モデルを使用し適切な対照を置いた比較試験において、免疫応答調節の効果が実証された初めてのプロバイオティクス菌末です。当社は今後もヴァージニア大学との共同研究を続け、Bl-04™の効果のさらなる調査に邁進していきます。

デュポン ニュートリション&ヘルスは、食品栄養の徹底した専門知識と、最新の研究や科学知識をもとに、食品、飲料そしてサプリメント業界へ比類のない価値を提供します。革新的な問題解決力と、深い消費者インサイトを持つ我々の幅広い製品ポートフォリオは、お客様の持つ問題や課題を、価値あるビジネスチャンスとする事が出来ます。(www.food.dupont.com.)

デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

本参考資料は、米国時間2017年5月17日に米国デュポン社が配信したリリースの抄訳です。
当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

# # #

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社 ニュートリション&ヘルス事業部 大岩麻紀子
電話 (03)5521-2780

[1] Turner, Ronal B. et al., Effect of probiotic on innate inflammatory response and viral shedding in experimental rhinovirus infection – a randomized controlled trial. Beneficial Microbes, (2017) Volume 8, Issue 2, 207-215.

[2] West, Nicholas P. et al., Probiotic supplementation for respiratory and gastrointestinal illness symptoms in healthy physically active individuals. Clinical Nutrition, (2014) Volume 33, Issue 4, 581 – 587.