デュポン ベーカリー向け新規酵素の認可を取得
デュポンダニスコ®の酵素利用で製菓・製パン製品の品質向上に寄与

米国デュポン社(本社:デラウエア州ウィルミントン、会長兼最高経営責任者:エドワード・ブリーン)のニュートリション&ヘルス事業部は、新規酵素の“G4アミラーゼ”が日本の厚生労働省の認可を得たことを発表しました。当該酵素は本年2月に開催された展示会モバックショウでも最新技術として紹介されました。今回の認可により、“G4アミラーゼ”を含むことで新鮮さ、柔らかさ、しっとり感を保持する酵素ブレンド製剤の「POWERFresh®シリーズ」と「POWERSoft®シリーズ」を製菓・製パン業界のお客様向けに上市しました。

新規酵素ブレンド製剤で最高品質のパンを
新規酵素“G4アミラーゼ”の利点は、通常製法のパンだけでなく冷凍生地やケーキ類でも明らかです。酵素ブレンド製剤のPOWERFresh®とPOWERSoft®シリーズは、G4アミラーゼにより、賞味期限を通して新鮮さを保持する上、コスト性にも優れています。

POWERFresh®シリーズは、パンに歯切れのある柔らかさとしっとりとした食感を付与します。POWERFresh® 3150は菓子パンに、POWERFresh® 4150は食パンに最適なブレンドになっています。洋菓子向けのPOWERSoft® 7033はパウンドケーキやスポンジケーキに心地よい口当たりとしっとり感を付与します。さらに長期間形状を維持できるため、製品がボロボロと崩れてしまう事を防ぎます。

比類のない性能
「アジアの食環境は、高品質な食品を求める購買意欲の高い消費者によりかわりつつ有ります。食品や飲料はおいしそうに見える外観だけでなく、実際においしくなければなりません」とLee Lai See、食品用酵素 ASPAC リージョナル ビジネス ディレクターは語ります。「今回投入する3つの酵素ブレンド製剤は食品製造のお客様へ、高品質なパンや菓子製品を求める日本の消費者の要求に応える商品の開発に貢献します」と付け加えます。

 新規酵素ブレンド製剤は今年6月27日(火)に行われる日本パン技術研究所のセミナーにて紹介され、G4アミラーゼの開発者であるデュポン ニュートリション&ヘルス シニアサイエンティストのKarsten M. Kraghよりその機能性と開発背景をご説明します。

デュポン ニュートリション&ヘルスは、食品栄養の徹底した専門知識と、最新の研究や科学知識をもとに、食品、飲料そしてサプリメント業界へ比類のない価値を提供します。革新的な問題解決力と、深い消費者インサイトを持つ我々の幅広い製品ポートフォリオは、お客様の持つ問題や課題を、価値あるビジネスチャンスとする事が出来ます。(www.food.dupont.com.)

デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

# # #

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社 ニュートリション&ヘルス事業部 大岩麻紀子
電話 (03)5521-2780