デュポン ニュートリション&ヘルス ⼼⾎管代謝の健康に対する植物性⾷品素材の役割に関する調査に参画
 

⼼⾎管代謝性疾患の防⽌に寄与する⾷習慣の研究に関して寄稿

貧しい食生活は、アメリカ合衆国だけではなく世界中で、疾病、障害、死亡の大きなリスクであると考えられています。慢性疾病の負担を軽減する食生活は、研究と公衆衛生方針のより大きな焦点になってきています。

デュポン ニュートリション&ヘルス
は、先般、American Society for Nutrition (米国栄養学会) の Current Developments in Nutrition (栄養学の最新知見) 誌に論文を寄稿しました。記事は 2017 年 11 月号に掲載され、心血管代謝の健康維持に好ましい食習慣に植物性食品が寄与することを裏付ける最新の証拠を提示しています。

記事の首席著者であり、Dietary Guidelines Advisory Committee (食事ガイドライン諮問委員会) の前メンバーでもある Penny Kris-Etherton 博士は次のように述べています。「今日、アメリカ合衆国を含む多くの国において、食事ガイドラインの方針が栄養を中心とした提言から食習慣を中心とした提言に移行しつつあります。心血管代謝の健康に良いという有力な根拠に基づいて、果物、野菜、豆類、全粒穀物、木の実、種、大豆製品、植物油などの植物性食品を重点的に摂取する方向に移行しています」。

デュポン ニュートリション&ヘルスの技術シニアマネージャー、Ratna Mukherjea は「健康増進に役立つ植物性食品を多く取り入れた食習慣でも、適量の乳製品、動物性のタンパク質を摂取することは可能です」と語ります。「実際、多くの国の食事ガイドラインの方針において、魚介類、脂肪の少ない赤身肉、鶏肉、卵、豆類、木の実、種、大豆製品などのさまざまな良質のタンパク源の重要性が認識されつつあります」。

消費者の期待する味覚を実現しつつ健康を支援する食品の提供を目指し、食品産業は大きく活気づいています。この論文は、私たち誰もが食事ガイドラインに沿って摂取形態の改善に取り組むべきことを立証する根拠について論説しています。

根拠の示すところによれば、植物性食品を中心とした食事をとることで心血管代謝性疾患のリスクが低減するのに対して、肉類を中心とした食事を摂取することで心血管代謝性疾患のリスクが増加し、一方、少量の動物性タンパク質を植物性タンパク質に置き換えることでリスクが低下しています。

消費者は植物性食品を重視した食事が推奨されていることを認識しています。 Health Focus International 社が本年始めに発表した「Plant-Based Eating Trends」(植物性食品を中心とした食事のトレンド) の研究報告によれば、調査に参加した世界中の消費者の 54 パーセントは動物性食品の摂取を減らし、植物性食品の摂取を増やしていました。この研究では、植物性食品は動物性食品より健康的だという消費者の認識の転換が重要な要素になっています。

「この論文に示されている証拠は、食事は植物性食品を中心にすべきか、動物性食品も摂取すべきかの議論に終始するよりも心血管代謝性疾患の予防には適切な食品摂取量が重要である、ということを再認識させます」と、ピッツバーグ大学臨床およびトランスレーショナル科学研究所 (Clinical & Translational Sciences Institute) の Michael Flock 博士は述べています。

市販されている多くの食品は、植物性または動物性のいずれか一方のタンパク質から構成されているわけではなく、複数のタンパク質が含まれています。さまざまな素材を組み合わせることで、アミノ酸組成や消化に優れた食品を創出することができます。また、食品科学者はタンパク質を混合して食品を製造することで食品がより美味しくなることを認識しています。

このレビューは Dietary Guidelines Advisory Committee (食事ガイドライン諮問委員会) の過去のメンバーである研究者たちとその同僚、および デュポン ニュートリション&ヘルス の科学者により行われました。

本参考資料は、米国時間2017年12月19日にダウ・デュポンの特殊化学品部門の事業であるデュポンニュートリション&ヘルスが配信したリリース「 DuPont Engages in Investigation of the Role of Plant-based Sources on Cardiometabolic Health DuPont」の抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

ダウ・デュポンの特殊化学品部門の事業であるデュポン ニュートリション&ヘルスは、食品栄養の徹底した専門知識と、最新の研究や科学知識をもとに、食品、飲料、医薬品そしてサプリメント業界へ比類のない価値を提供します。革新的な問題解決力と、深い消費者インサイトを持つ我々の幅広い製品ポートフォリオは、お客様の持つ問題や課題を、価値あるビジネスチャンスとする事が出来ます。(www.food.dupont.com.)

ダウ・デュポン 特殊化学品事業部門について
ダウ・デュポン(NYSE:DWDP)の特殊化学品事業部門は、技術を基盤とした素材、原料、ソリューションの提供を通し、産業や日々の暮らしの変革に貢献する、世界のイノベーションリーダーです。我々は広範な専門知識並びにサイエンスを適用し、エレクトロニクス、トランスポーテーション、住宅・ 建築、健康、食品、安全など、主要マーケットにおけるお客様の卓越したアイデアをイノベーションへと繋げる架け橋となります。ダウ・デュポンは、特殊化学品事業部門を分割し、独立した上場企業として設立する計画です。詳細はwww.dow-dupont.comをご覧ください。

# # #

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社 ニュートリション&ヘルス事業部
電話 (03) 5521-2780