ダウ・デュポン、会社分割に向けた進展を受けて、設立予定の独立した3社のブランド名を発表

・アグリカルチャー事業部門の新会社名はCorteva Agriscience™となります。この社名は生産者と消費者の生活を豊かにするという目的を反映しています。

素材科学事業部門の新会社はダウとなります。121年におよび世界的に認知されているダウのイノベーションと価値創出の歴史を基盤とした、ダウのダイヤモンドマークをブランドとして継続していきます。

特殊化学品事業部門は新生デュポンとなります。215年にわたる科学を基盤としたイノベーションの遺産を引き継ぎ、産業や日々の生活を変革してまいります。

Midland, Mich. およびWilmington, Del., 2018年26日 - ダウ・デュポン(DowDuPontTM  NYSE:DWDP)は2月26日、同社の各事業部門が予定どおり独立会社として分割された後のコーポレート・ブランド(社名)を発表しました。いくつかの製品名は分割時点で変更されますが、各新会社の多くの製品は、今後も広く認知されている現行ブランド名で販売される予定です。

ダウ・デュポン最高経営責任者のエド・ブリーンは以下のように述べました。「これらの社名の選定は3社分割プロセスにおける大きな節目であり、それぞれの名称は各社独自の強みと価値を反映しています。今後は、顧客や従業員、投資家はじめ、すべてのステークホルダーに対する我々のコミットメント、すなわちイノベーションによる価値の向上を表すグローバルなコーポレート・ブランドを確立し、強化していくことに注力してまいります」

ダウ・デュポン執行役会長のアンドリュー・リバリスは以下のように述べています。「ダウとデュポンのそれぞれのチームは6カ月という短い期間に驚くほどの進展を遂げました。今回の発表もまた、この歴史的な経営統合と会社分割が秘める前例のない価値創出の可能性を示すものです。コストと成長における相乗効果を存分に発揮するとともに、成長投資とイノベーションのパイプライン開発を実行し、先ごろ発表した前倒しのスケジュールで業界トップ3社への分割を果たすべく、正面から取り組んでいます」

将来のアグリカルチャー会社は、米国デラウエア州ウィルミントンに本社拠点を置き、社名は「心」と「自然」を意味する言葉を組み合わせたCorteva  Agriscienceとなります。

ダウ・デュポンアグリカルチャー事業部門の最高執行責任者ジェームズ・C・コリンズ・ジュニアは次のように語っています。「Corteva Agriscience™では、多数の農業従事者と緊密な関係を構築し、貢献してきた経験をもとに、3つの事業を一つに統合していきます。この新社名は、我々の農業従事者の生産性向上と農産物消費者の健康への取り組みのコミットメントを反映しています。また、生産者と消費者の生活を豊かにし、来るべき世代のために進歩を確保するという目標も反映しています。我々は、業界で最もバランスの取れた製品ポートフォリオ、1世紀近くかけて蓄積してきた農学分野における専門知識、比類なきイノベーション力により、食品エコシステム全体と協力して食糧を持続的かつ効率的に安定して供給する新しいアグリカルチャー会社を作り上げていきます」。

アグリカルチャー事業部門の2017年のプロフォーマ収益は140億ドル、プロフォーマ営業EBITDAは26億ドルを超え、世界で最も包括的でバランスの取れた種子および農薬製品ポートフォリオと、今後も末永く農業従事者に価値を提供し続けることのできる強力な新製品パイプラインを有しています。

ダウ・デュポンからの事業分割に伴い本事業部は新会社Corteva Agriscience™となりますが、同社は農業分野で幅広く認知されている様々な製品ブランドを引き続き提供していきます。その中にはPioneer®、Mycogen®、新たに上市したBrevant™種子、そして業界受賞歴を誇るAproach® Prima殺菌剤、有効成分Arylex™含有除草剤のQuelex™など豊富な農薬製品ラインナップに加え、今後上市予定の新製品も含まれます。

同様に発表されたCorteva  Agriscience ™のブランド・アイデンティティーとロゴは、www.corteva.comでご覧いただけます。

米国ミシガン州ミッドランドを拠点とする将来の素材科学会社について、ダウ・デュポン素材科学事業部門の最高執行責任者ジム・フィッタリングはこう語りました。「ダウという社名とダウのダイヤモンドは、我々が成長し、顧客に貢献するうえで極めて強固な基盤となります。我々が世界で最も革新的・包括的で持続可能な顧客本位の素材科学会社を構築していく上で、この象徴的な赤いダイヤモンドのロゴは、ダウのステークホルダーに対する継続性を確保する要となります。我々は今後も、ダウが長年にわたり実践してきたイノベーションを継続し、人の尊重と誠実性、地球を守るというダウのコアバリューに基づいて事業を展開してまいります」。

第一級の素材科学ソリューションを提供する素材科学事業部門の2017年のプロフォーマ収益[1](注1)は約440億ドル、プロフォーマ営業EBITDA(注1)は約91億ドルです。統合とイノベーションの強みを生かし3つの高度成長市場分野である包装材、インフラ、コンシューマー・ケアに注力しています。

米国デラウエア州ウィルミントンに本社拠点を置く将来の特殊化学品会社は、新生デュポンとして、技術主導の特殊化学品事業の強みを反映し、産業と日々の生活を変革する高度に差別化された製品やソリューションを提供してまいります。

ダウ・デュポン特殊化学品事業部門の最高執行責任者マーク・ドイルは以下のように述べています。「デュポンは200年以上にわたり、お客様の素晴らしいアイデアの具現化に貢献してまいりました。我々はダウとデュポンの両社から受け継いだ知識や知見、資産を活用し、イノベーション主導型の特殊化学品リーダーとして、お客様ならびに全世界の人々の繁栄に必要不可欠な進歩をもたらします。この会社がデュポン™の名前を今後も引き継ぐことを心から誇りに思います」。

予定されている特殊化学品会社は、2017年のプロフォーマ収益[2](注2)が210億ドル、プロフォーマ営業EBITDA(注2)が53億ドルで、お客様との連携とイノベーションを価値創出の機軸として成長を促進してまいります。

将来の素材科学会社と特殊化学品会社のブランド展開については、作業が継続中です。

2月初めに発表されたとおり、素材科学事業部門は2019年第1四半期末までに、アグリカルチャー事業部門と特殊化学品事業部門は2019年6月1日までに分割される予定です。

[1] 材料科学関連事業の2017年のプロフォーマ収益とプロフォーマ営業EBITDAは、ダウ・デュポンの2017年アニュアル・レポートにおいてフォーム10Kで報告されたPerformance Materials & Coatingsセグメント、Industrial Intermediates & InfrastructureセグメントおよびPackaging & Specialty Plasticsセグメントの統合プロフォーマ実績に基づいています。

[2] 特殊化学品関連事業の2017年のプロフォーマ収益とプロフォーマ営業EBITDAは、ダウ・デュポンの2017年アニュアル・レポートにおいてフォーム10Kで報告されたElectronics & Imagingセグメント、Nutrition & Biosciencesセグメント、Transportation & Advanced PolymersセグメントおよびSafety & Constructionセグメントの統合プロフォーマ実績に基づいています。

ダウ・デュポンについて

ダウ・デュポン(NYSE:DWDP)は、農業関連、素材科学、特殊化学品分野における強固で独立した上場企業を設立することを目的に、米国に本社を置くザ・ダウ・ケミカル・カンパニーとデュポン社が構成するホールディングカンパニーです。生産性に優れかつ科学を基盤としたイノベーションを通じて、それぞれの業界をリードし、お客さまのニーズに応え、世界の課題解決に貢献します。www.dow-dupont.com

本参考資料は、米国時間2018年2月26日に米国ダウ・デュポン社が配信したリリース

DOWDUPONT ANNOUNCES BRAND NAMES FOR THE THREE INDEPENDENT COMPANIES IT INTENDS TO CREATE, REFLECTING ONGOING PROGRESS TOWARDS SEPARATIONS」の抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

Contact Information:

 

 

Investors:

Greg Friedman

greg.friedman@dupont.com

+1 302-774-4994

 

Neal Sheorey

nrsheorey@dow.com

+1 989-636-6347

 

Media

Rachelle Schikorra

ryschikorra@dow.com

+1 989-638-4090

 

 

Dan Turner

daniel.a.turner@dupont.com

+1 302-996-8372

 

Cautionary Statement About Forward-Looking Statements

This communication contains “forward-looking statements” within the meaning of the federal securities laws, including Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. In this context, forward-looking statements often address expected future business and financial performance and financial condition, and often contain words such as “expect,” “anticipate,” “intend,” “plan,” “believe,” “seek,” “see,” “will,” “would,” “target,” similar expressions, and variations or negatives of these words.

On Dec. 11, 2015, The Dow Chemical Company (“Dow”) and E. I. du Pont de Nemours and Company (“DuPont”) announced entry into an Agreement and Plan of Merger, as amended on March 31, 2017, (the “Merger Agreement”) under which the companies would combine in an all-stock merger of equals transaction (the “Merger Transaction”). Effective Aug. 31, 2017, the Merger Transaction was completed and each of Dow and DuPont became subsidiaries of DowDuPont Inc. (“DowDuPont”). For more information, please see each of DowDuPont’s, Dow’s and DuPont’s latest annual, quarterly and current reports on Forms 10-K, 10-Q and 8-K, as the case may be, and the joint proxy statement/prospectus included in the registration statement on Form S-4 filed by DowDuPont with the SEC on March 1, 2016 (File No. 333-209869), as last amended on June 7, 2016, and declared effective by the SEC on June 9, 2016 (the “Registration Statement”) in connection with the Merger Transaction.

Forward-looking statements by their nature address matters that are, to different degrees, uncertain, including the intended separation of DowDuPont’s agriculture, materials science and specialty products businesses in one or more tax efficient transactions on anticipated terms (the “Intended Business Separations”). Forward-looking statements are not guarantees of future performance and are based on certain assumptions and expectations of future events which may not be realized. Forward-looking statements also involve risks and uncertainties, many of which are beyond the company’s control. Some of the important factors that could cause DowDuPont’s, Dow’s or DuPont’s actual results to differ materially from those projected in any such forward-looking statements include, but are not limited to: (i) successful integration of the respective agriculture, materials science and specialty products businesses of Dow and DuPont, including anticipated tax treatment, unforeseen liabilities, future capital expenditures, revenues, expenses, earnings, productivity actions, economic performance, indebtedness, financial condition, losses, future prospects, business and management strategies for the management, expansion and growth of the combined operations; (ii) impact of the divestitures required as a condition to consummation of the Merger Transaction as well as other conditional commitments; (iii) achievement of the anticipated synergies by DowDuPont’s agriculture, materials science and specialty products businesses; (iv) risks associated with the Intended Business Separations, including those that may result from the comprehensive portfolio review undertaken by the DowDuPont board, changes and timing, including a number of conditions which could delay, prevent or otherwise adversely affect the proposed transactions, including possible issues or delays in obtaining required regulatory approvals or clearances related to the Intended Business Separations, disruptions in the financial markets or other potential barriers; (v) the risk that disruptions from the Intended Business Separations will harm DowDuPont’s business (either directly or as conducted by and through Dow or DuPont), including current plans and operations; (vi) the ability to retain and hire key personnel; (vii) potential adverse reactions or changes to business relationships resulting from the completion of the merger or the Intended Business Separations; (viii) uncertainty as to the long-term value of DowDuPont common stock; (ix) continued availability of capital and financing and rating agency actions; (x) legislative, regulatory and economic developments; (xi) potential business uncertainty, including changes to existing business relationships, during the pendency of the Intended Business Separations that could affect the company’s financial performance and (xii) unpredictability and severity of catastrophic events, including, but not limited to, acts of terrorism or outbreak of war or hostilities, as well as management’s response to any of the aforementioned factors. These risks, as well as other risks associated with the merger and the Intended Business Separations, are more fully discussed in (1) the Registration Statement and (2) the current, periodic and annual reports filed with the SEC by DowDuPont and to the extent incorporated by reference into the Registration Statement, by Dow and DuPont. While the list of factors presented here is, and the list of factors presented in the Registration Statement are, considered representative, no such list should be considered to be a complete statement of all potential risks and uncertainties. Unlisted factors may present significant additional obstacles to the realization of forward-looking statements. Consequences of material differences in results as compared with those anticipated in the forward-looking statements could include, among other things, business disruption, operational problems, financial loss, legal liability to third parties and similar risks, any of which could have a material adverse effect on DowDuPont’s, Dow’s or DuPont’s consolidated financial condition, results of operations, credit rating or liquidity. None of DowDuPont, Dow or DuPont assumes any obligation to publicly provide revisions or updates to any forward-looking statements regarding the proposed transaction and intended business separations, whether as a result of new information, future developments or otherwise, should circumstances change, except as otherwise required by securities and other applicable laws.

#   #   #

【本件に関する問い合わせ先】

デュポン株式会社 コーポレート コミュニケーション部 高野 
電話(03)5521-8484

ダウ・ケミカル日本株式会社 広報室 沢登 
電話(03)5460-6276