デュポン、複数菌株・高用量のプロバイオティクス製剤のメリットを示す臨床試験結果を公表
Nutrients誌に新たな試験結果が掲載

フィンランド カントビック、2019 年 3 月 21 日 – デュポン ニュートリション&ヘルスは、ミラノ大学 (イタリア) のTavernitiらが行った臨床試験において、複数の菌株を含む高用量のプロバイオティクス製剤の摂取は、健康な成人の糞便からプロバイオティクス生菌がより多く、より早期かつより長期にわたり回収できるようになることが示唆されたことを発表しました。

Nutrients誌 (Taverniti et al. Nutrients 11(2):285, 2019) に掲載されたこの試験の目的は、デュポンの4種のプロバイオティクス菌株を市販品と同じ処方で調製した製剤を投与した際の、ヒトの腸管に短期的に定着する細菌数への影響を理解することでした。対象となるデュポンの菌株4種は (1) Bifidobacterium lactis Bl-04®、(2) Lactobacillus acidophilus La-14®、(3) Lactobacillus plantarum SDZ-11 及び (4) Lactobacillus paracasei SDZ-22でした。本試験では、経口投与後の糞便中のプロバイオティクス量を測定する目的から、70億及び700億のコロニー形成単位 (以下CFU)の2用量にて比較をしました。

試験デザイン

本試験は、18〜60歳の健康な成人男女40人を無作為に同数の2群に分けて行われました。単盲検並行群間比較による予備試験の後、被験者は2週間にわたって毎日70億または700億CFUのプロバイオティクス含有製剤を摂取しました。その後、2週間の後観察期間が設けられました。被験者は試験期間中、通常の食事 (その他のプロバイオティクス製品の摂取を除く) を摂り、試験デザインに従って合計19の糞便サンプルを採取するよう指示されました。この糞便サンプルを用いて、プロバイオティクス生菌の分析を実施しました。

複数菌株・高用量の製剤は、より多く、早期かつより長期にわたる生菌回収を達成

本試験において、糞便からの4種類のプロバイオティクス生菌の検出日は、高用量群の方が低用量群よりも早いことがわかりました。さらに、プロバイオティクス摂取の最終日には、700億CFUの用量を摂取した被験者からは4種類すべてのプロバイオティクス生菌が回収されたものの、70億CFUの用量を摂取した5例の被験者では一部のプロバイオティクス生菌は回収されませんでした。

摂取終了後2週間の後観察期間中、糞便サンプルからのプロバイオティクス生菌の回収量は、高用量の製剤を摂取した被験者の方が低用量の製剤を摂取した被験者と比べて有意に高く、検出可能期間も長くなりました。これは、プロバイオティクス製剤中の菌数が多い場合、糞便からの生菌回収量が多く、回収時間もより早期かつより長期にわたる可能性があることを実証しています。これは、高用量の摂取はより早くかつ安定して短期的な細菌の定着をもたらし得ることを示唆しています。さらに本試験は、多様な分類群に属する菌株が単一の製剤に配合される場合も、選択的に定量可能であることを示しています。

「高用量のプロバイオティクス摂取が糞便からの高い生菌回収率につながることは、以前からわかっていました。Taverniti による本試験で興味深いことは、高用量摂取は、摂取したプロバイオティクスのより早期かつ長期にわたる検出につながることを示し、”菌の定着”がより安定することを示唆しているという点です。これにより、高用量のプロバイオティクスが、より早くより信頼性の高い健康効果をもたらすかどうかという疑問が提起されます」とデュポン ニュートリション&ヘルスのテクニカルフェロー、Arthur Ouwehand 博士は述べています。

デュポン ニュートリション&ヘルスのダイエタリーサプリメント グローバルリーダー、Valerie Delahayeは次のように述べています。「世界中の多くの市場で、複数菌株・高用量のプロバイオティクス製剤に向けた明確な流れを感じています。今回の試験結果は、消費者の視点で考えてもこうした製剤のメリットへのより深い理解に役立つということを心強く思います」

デュポン ニュートリション&ヘルスのプロバイオティクスの詳細については、www.dietarysupplements.dupont.com をご覧ください。

デュポン ニュートリション&ヘルスについて

ダウ・デュポン特殊化学品事業部門のデュポン ニュートリション&ヘルスは、食品栄養の徹底した専門知識と、最新の研究や科学知識をもとに、食品、飲料、医薬品そしてサプリメント業界へ比類のない価値を提供します。革新的な問題解決力と、深い消費者インサイトを持つ我々の幅広い製品ポートフォリオは、お客様の持つ問題や課題を、価値あるビジネスチャンスとする事が出来ます。(www.food.dupont.com)

ダウ・デュポン 特殊化学品事業部門について

ダウ・デュポン(NYSE:DWDP)の特殊化学品事業部門は、技術を基盤とした素材、原料、ソリューションの提供を通し、産業や日々の暮らしの変革に貢献する、世界のイノベーションリーダーです。我々は広範な専門知識並びにサイエンスを適用し、エレクトロニクス、トランスポーテーション、住宅・ 建築、健康、食品、安全など、主要マーケットにおけるお客様の卓越したアイデアをイノベーションへと繋げる架け橋となります。ダウ・デュポンは、デュポンとなる予定の特殊化学品事業部門を分割し、独立した上場企業として設立する計画です。(www.dow-dupont.com

デュポンオーバルマーク、デュポンTM、及びTM、SM、®表示のある全ての製品は、米国デュポン社及び関連会社の商標あるいは登録商標です。

本参考資料は、米国時間2019年3月21日にデュポン ニュートリション&ヘルスが配信したリリースの抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容及び解釈については英語が優先されます。

# # #

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
デュポン株式会社 コーポレート コミュニケーション部 高野
電話 (03)5521-8483