デュポンの植物由来素材ソロナ®を使用したラグ、2016グッドデザイン賞を受賞

 

デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中能之)は、米国デュポン社の植物由来材料デュポン™ソロナ®ファイバーを使用した株式会社川島織物セルコン(以下、川島織物セルコン社)のユニットラグ ソフティラインが2016年度グッドデザイン賞を受賞したことを発表しました。

今回受賞した川島織物セルコン社製ユニットラグのソフティラインは50cm角のタイル形状のラグです。カーペットの繊維にソロナ®ファイバーを使用することで、ソロナ®ファイバー本来の柔らかさに加え繊維の加工方法により肌触りがよく、ソロナ®ファイバーの特長であるジグザグの構造により復元力があり、へたりにくいカーペットに仕上がりました。さらに、繊維中に水性の汚れを取り込まないというソロナ®ファイバーの特性により、赤ワイン、コーヒー、緑茶、ケチャップなど汚れやしみが落ちやすいという機能があります。

ソロナ®ファイバーは、デュポンのバイオ技術を用い植物の糖を発酵させてつくる1,3-プロパンジオールとテレフタル酸を共重合した37%植物由来のポリトリメチレンテレフタレート(PTT)樹脂です。従来カーペットに使用されているナイロン6やナイロン66に比べて温室効果ガス排出量や製造時のエネルギー使用量を抑えることができ、環境に配慮した新しい高機能繊維です。

ソフティラインは、川島織物セルコン社の技術により50cm角のタイルカーペットの目地を目立ちにくくし、1枚のラグとして使用できるというデザイン性とソロナ®ファイバーのユニークな機能を生かした製品作りがユーザーの視点に立った開発であるという高い評価につながり、今回の受賞となりました。

デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

*ソロナ®は、米国デュポン社の商標または登録商標です。

# # #

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。

デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社 インダストリアル・バイオサイエンス事業部
担当:白井 電話03(5521)8677