デュポン 過体重の成人[1] を対象にプロバイオティクスと食物繊維による体脂肪量のコントロール効果を検証


身体組成の精密な分析により、シンバイオティクスによる改善を確認

 

 

米国デュポン社(本社:デラウエア州ウィルミントン、会長兼最高経営責任者:エドワード・ブリーン)のニュートリション&ヘルス事業部は、健常成人225例を対象に実施された臨床試験(試験標題:Probiotic alone and in combination with a fiber controls body fat mass, associated with serum zonulin, in overweight and obese adults-randomized controlled trial[過体重および肥満成人を対象としたプロバイオティクス単独摂取および食物繊維併用摂取による体脂肪量および付随する血清中ゾヌリン濃度のコントロールに関する無作為化対照試験])において、Bifidobacterium animalis ssp. lactis 420Ô(Bi420)の単独摂取、またはプレバイオティクスで水溶性食物繊維のLitesse® Ultra™ポリデキストロースとの併用摂取をした場合、プラセボ摂取と比較して、体脂肪量、体幹脂肪量、腹囲およびエネルギー摂取量を低減することを確認しました。本試験結果は、EBioMedicine誌で発表されました。

今回の6カ月にわたる二重盲無作意試験によるプラセボを対照とした複数のセンサー試験で、プロバイオティクスおよびシンバイオティクス(プレバイオティクスとプロバイオティクスの組み合わせ)により、特に過体重の成人の腹部で、体脂肪量が抑制される可能性があることが確認されました。プロバイオティクス摂取群およびシンバイオティクス摂取群双方において、試験期間中のエネルギー摂取量ならびに腹囲が低下しました。

デュポン ニュートリション&ヘルス(N&H)、プロバイオティクスマーケティング、グローバルリーダーのMegan DeStefanoは、「現在、腸内細菌叢の体重および体形への潜在的影響は注目度の高い分野です。ナチュラルチョイスによる体重管理は、世界中の消費者から求められています。デュポン独自の市場調査によると、世界人口の57%は、何を食べるべきか、ならびにライフスタイルを大きく変えることなく目標体重となるには何が役立つのか分かっていません[1]。本製品はお客様に素晴らしい市場機会を提供することと確信しています」と述べています。特に興味深い点は、今回の試験で測定された胴囲の減少がズボン1サイズダウンに相当する点です。

試験の参加者は、プラセボとして微結晶セルロース12 g/日、プレバイオティクスで水溶性食物繊維のLitesse® Ultra™ポリデキストロース12 g/日、デュポンが製造販売権を有するプロバイオティクス菌末Bifidobacterium lactis 420Ô (Bi420)1010 CFU/日を含む微結晶セルロース12 g/日、またはプレバイオティクスとプロバイオティクス菌末の組み合わせの4グループに分けられ、6カ月にわたり被験製品を毎日摂取しました。本試験では、異なる身体部位での変化を確認する為に、精密な二重エネルギーX線吸収測定法を用いて脂肪組織量および非脂肪組織量の変化を調査しました。

プロバイオティクスおよびシンバイオティクス製品は共に体脂肪量のコントロールに寄与し、試験実施計画書を遵守した被験者では、プラセボ群と比較して約1.4 kgの体重差が見うけられました。一方、非脂肪組織量において改善が見られたのは、Bifidobacterium lactis 420ÔとLitesse® Ultra™ポリデキストロース併用摂取群のみでした。

臨床前試験および臨床試験のリーダー、デュポンN&HのLotta Stenman, Ph.D.は、「今回の試験は、プロバイオティクスがマウスにおいて腸のバリア機能を強化することで代謝機能を健康に保つことを証明した、動物モデルを対象としたプロバイオティクス菌末Bifidobacterium lactis 420Ôの試験結果をヒトで実証する初の試験です。同プロバイオティクス菌末の研究は細胞培養試験の初期結果を発表した2008年以降、長きにわたり積み重ねてきました。広い分野におけるプロバイオティクスのメカニズムの研究が、人々の健康に恩恵をもたらす発見への道を開いたことは、大変喜ばしいことです」と語っています。

本試験は、フィンランドの4つのリサーチクリニックにて、医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)に準じて実施されました。デュポンN&Hは、プロバイオティクス及びプレバイオティクスの腸内細菌叢への影響、そしてその結果として、現在世界の人口の3分の1超が罹患している肥満およびメタボリックシンドローム関する研究を進めて参ります。

デュポン ニュートリション&ヘルスは、食品栄養の徹底した専門知識と、最新の研究や科学知識をもとに、食品、飲料そしてサプリメント業界へ比類のない価値を提供します。革新的な問題解決力と、深い消費者インサイトを持つ我々の幅広い製品ポートフォリオは、お客様の持つ問題や課題を、価値あるビジネスチャンスとする事が出来ます。(www.food.dupont.com.)

デュポンは1802年の創業以来、世界最高水準の科学技術を基盤に、革新的な製品や素材、サービスを提案しています。お客様や政府、NGO、オピニオンリーダーとの連携を通じ、世界中の人々に十分に安全な食糧を提供すること、化石燃料依存からの脱却、人と環境の保護など、世界的な課題へのソリューションを見出すご提案が出来ると信じています。デュポンの取り組みに関する詳細は、http://www.dupont.co.jp(米国サイト:http://www.dupont.com)をご覧ください。

[1] 米国国立衛生研究所(NIH)基準 - BMI25以上:過体重 (overweight)、BMI30以上:肥満 (obese)
[2] 出典: HealthFocus, Intl., DuPont Weight Management and Sports Nutrition Global Segmentation Analysis, Oct. 2014

本参考資料は、米国時間2016年11月2日に米国デュポン社が配信したリリースの抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

# # #

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社 
ニュートリション&ヘルス事業部 大岩麻紀子
電話 (03)5521-2780