ドルトレヒトインフォグラフィック-コストを削減しながら排出をカット

世界中の企業が、それぞれの事業と環境へのベストな判断を求め、エネルギー使用や水の消費量、排出量の削減に取り組んでいます。持続可能な事業運営は長期にわたる生産性の鍵を握るものであるにもかかわらず、排出量とコストを両方とも削減するのは簡単な課題ではありません。国家法規やその他の規制が化学品の使用やエネルギー、水の消費量に制限を課しているだけでなく、製造施設では厳格な要求事項を遵守しなければならないからです。

欧州連合域内排出量取引制度は、工場や発電所、あるいはその他の施設を運用している加盟国に対し、2020年までに2005年のレベルから21%排出量を削減するよう期待しています。これらの要求事項に適合するため、オランダにあるデュポンのドルトレヒト施設では毎年2%ずつ排出量を削減し、2010年から2020年に約20%の総削減量の実現を目指しています。

最も重要なエネルギー削減プロジェクトの一つになっているのが、ドルトレヒトに隣接する地域の廃棄物焼却業者であるHVCと私たちの協働事業です。焼却炉から蒸気が生成され、水を充填した熱交換器に送られます。この交換器の中で加熱された水がさらに多くの蒸気を生成し、この蒸気がドルトレヒトの製造工程で使用されるのです。さらに私たちは、新たな再生利用ポリシーを通じ、水の消費量も劇的に削減しています。