技術は唯一の答えではありません

Clean energy sources through wind technology

世界が安価で豊富なエネルギーの時代から、倹約と緊縮と言った方が正確な時代に移行するにつれ、効率の向上に対する産業企業への重圧-勢いは急激に高まりつつあります。一方では、フィンランドやインドのように、規制が厳格化の一途を辿り、規制の命令とともに自由意思によるプログラムがますます強化されているケースもあります。しかしながら、他方では、企業がエネルギー使用の効率向上から得られる大きなメリットに気づき始めています。すなわち、このような効率的な使用によってコストを削減し、環境フットプリントを改善することができるのです。駆動要素が何であれ、エネルギー管理の改善が成長には必須です。

今日では多くの企業リーダー達がエネルギー効率推進の価値に気づいているにもかかわらず、エネルギー管理には新たな技術への大きな資本投資が必要になると誤って信じ込んでいるケースも少なくありません。すでに逼迫する予算をやりくりしている企業にとって、これは大きな支障になってしまいます。このような考え方とは対照的に、デュポンは、企業文化の変革に根ざした、小規模で低コスト、かつ持続的なエネルギー改善プロジェクトを通じて総エネルギー効率改善機会の40%以上を達成できることを実証しました。エネルギー削減はコストに関わる「ポートフォリオ」の一部と考えることが可能であり、企業は小規模で低コスト、効率的な機会に対処する「滑車」的戦略によって大きなメリットを得ることができるのです。

「エネルギー効率を高めるには、企業が最新のエネルギー効率技術に投資しなければならないと多くの人が思い違いをしています」と語るのは、作業効率のグローバルプラクティスリーダー、クリストファー・スミスです。「ですが、私たちの経験では、施設で行われているあらゆるエネルギー集約的なプロセスの見直しと最適化を組み入れた、しっかりしたエネルギー管理システムを醸成していくことで、最大の価値を抽出することができるのです。また、機器の適正な保全を通じて、エネルギーの浪費をかなり防止することが可能です。」

最も順調な成功を収めている企業は、長期のエネルギー効率が大きな文化的変革にかかっていることに気づいています。エネルギーコストの節減やリスク低減という意味では、即効性のある結果を達成することと長期の持続可能性は違います。ただし、こういった即効性のある結果を実現できる文化的な変化は、その他のエネルギー管理技術や包括的なエネルギー管理システムを導入する基礎を築くものです。この基礎があってこそ、将来のイノベーションへの道が開けるのです。企業はエネルギーや原材料が自分達の事業に及ぼす影響を理解し、その消費量を戦略的な問題として捉えなければなりません。