資産の生産性を最大限に

業務の効率と効果を改善

不確実性と複雑さが依然として事業運用の背景を決定づけている中で、経営陣はより高い競争力と敏捷性を身につけなければならない重圧に直面し、思い切ったコスト削減手段を取らざるを得ないことも珍しくありません。資産基盤の生産性にテコ入れすることによって得られる節減の最大限の可能性に気づいている人はほとんどいないのです。

実際に、資産活用の最適化に重点を置いたデータ主導型のプロセスを創出することで、企業は資産の稼働時間、保全と信頼性、回転効率、そして最終的には総コストの生産性を改善することができます。ただし、こういったイニシアチブは本質的に複雑なものです。この場合、技術だけでなく、その適用を統括するシステムや、人がシステムを実施していく方法も改善していかなければならないのです。

デュポンサステナブルソリューションでは、200年以上に及ぶデュポンの経験と専門的な製造知識を駆使して自社の資産から最大限の価値を引き出しています。独自のプロセスと結果指向型の重要業績評価指標(KPI)を考案し、精緻化しただけでなく、現状の評価に役立ち、多年の更新戦略を提案することのできるしっかりした設備基盤の評価プロセスを構築しています。

私たちのDSSコンサルタントは、デュポンの施設や世界中の顧客企業との連携において培ってきた経験を活用し、実用的で定評のある手法を用いて、お客様の組織が業務の効率と有効性を改善する個別仕様のソリューションを実現するお手伝いをしています。