エネルギー効率の改善

戦略的エネルギー管理には実施すべきメリットがあります

今日では、産業界の多くの企業がエネルギー消費量の削減を目的に考案されたプログラムに着手したり、その実施を加速させています。これらの取り組みは、エネルギーコストの増大や環境フットプリントの削減を求める世論の圧力など、いくつかの要因によって駆動されているものです。駆動要因が何であれ、事業界のリーダーの多くがエネルギー消費量削減への取り組みこそ、重要な事業戦略、すなわち実施する価値があると気づき始めています。

駆動要因が何であれ、多くの企業は、効果的なエネルギープログラムはかなりの資本支出がなければ実施できないという想定のもとにエネルギー効率にアプローチしています。こういった投資はエネルギー戦略の重要な一部ではありますが、エネルギー節減とコスト削減への転換を設計していく時に、これらは唯一の検討事項でもなければ、最初に考えるべきことでもありません。

世界で200を超える製造施設の所有者/事業者としてのデュポンの経験は、あらゆるエネルギー効率改善機会のかなりの部分、実質的に約40%は、「エネルギー文化」を変革し、低コスト/コスト不要の持続的な改善プロジェクトの実施に重点を置くことによって実現が可能であることを示しています。

深い経験を持つ私たちのコンサルタントは、低資本投資あるいは資本投資なしという観点からエネルギー効率の改善にアプローチし、顧客企業と密接に連携することにより、エネルギー節減機会を特定して優先順位を決定するとともに、収益の持続可能性を実現する管理プロセスを構築します。このような密接な協働作業により、改善のためのプロジェクトと管理プロセスを優先化し、実行するための改善ロードマップが構築されるのです。この改善ロードマップの目的は、エネルギー性能や長期のコスト節減、炭素排出削減において持続的な改善を駆動していくことにあります。

エネルギーと環境の管理におけるデュポンのベストプラクティスは、優れた効率と節減を提供しています。