プロセスパフォーマンスの改善

業務におけるばらつきの低減と品質管理、稼働時間の最大活用を実現

工程の最適化や歩留まり向上、ばらつきの低減を実現するには、現在の工程を評価してムダや非効率の発生源を特定するとともに、改善手段を定義し、最適な性能の維持と支援を行うための管理システムを設定することが重要です。その中にこそ、全体的なアウトプットの増加、原材料消費の実質的な削減、品質や整合性の向上などを実現する可能性が存在しているのです。

私たちのコンサルティングエキスパートやエンジニアには、工程に関連する問題解決において、自社の製造施設や世界中の顧客施設で磨きをかけてきた多彩な経験があります。私たちが世界の主導的な顧客企業に対してデュポン社内で適用してきた具体的なツールや定評ある手法、ベストプラクティスを駆使して、お客様の組織の業務チームによる工程の最適化を支えます。