従業員の安全に関するデュポンのコンサルティング法

デュポンの安全エキスパートは顧客組織と密接に連携し、安全管理ツールをカスタマイズし、実践します。アセスメントやリーダーシップの構築、変更管理、持続的な改善プロセスを提供することで、事故災害の発生を劇的に低下させ、組織的エクセレンスを強化します。

デュポンサステナブルソリューション(DSS)の安全に関するコンサルティングエキスパートは、個々の顧客企業に固有の強みを土台にし、デュポンが自社の高リスク工程において200年以上にわたって培ってきたベストプラクティスを提供します。個々の組織がすべて違うことを認識しているからこそ、私たちはまず組織における現在の作業場の安全文化の評価から始め、その次に定評のある変更管理プロセスや多彩な研修サービスを活用した個別仕様のアクションプランを考案するのです。最初から最後まで、私たちの安全コンサルタントはお客様と密接に連携し、持続的な改善手法を適用して、最適な成果を確保するとともに持続的な改善が必要な領域を特定します。

例えば、すでに比較的成熟した安全文化を実現している組織に対して、私たちのコンサルタントは <a href="">デュポン統合的安全アプローチ(DnA)</a>をお勧めする場合があります。このプログラムは私たちが提供している中核的な従業員安全プログラムを基盤とするもので、定着した従業員の行動を変えていくことのできる本質的動機を連動させた心理学的な原理や要素を導入しています。このような包括的で統合的なアプローチだからこそ、優れた結果と、そして最も重要な、持続が可能な卓越した安全を提供することができるのです。

5段階で構成される私たちの安全コンサルティング方法論

どのような関わり方をする場合でも、DSSの安全コンサルタントは、デュポン社内での長年に及ぶ実用的な経験に教えられ、多様な産業や場所にまたがる外部顧客が磨きをかけてくれた伝統的な変更管理のアプローチを適用します。このアプローチが、お客様の組織が最終的に手に入れることのできるコスト節減と持続可能な成果を実現するのです。

現状の評価
私たちは、現在の作業や管理システムをワールドクラスの組織の本質的な要素に照らして評価することにより、個々の顧客の現在の状態を把握します。この段階で、私たちの安全コンサルティングのエキスパートが顧客のパフォーマンスレベルを確立し、改善の余地のある領域を特定します。

将来の状態の構想
私たちの安全コンサルタントが、変更や改善の要素を特定し、指導者層に事例を提示します。この段階では、組織が共通の目標や目的に取り組むことができるよう、指導者層が参画して将来の改善構想を創造します。

移行のプランニング
私たちは、評価の結果と将来像を踏まえてプロジェクトの計画とスケジュールを作成し、明確な作業計画を創造します。

変更の実施
デュポンの安全コンサルティングチームは、技術、人、工程、組織の4つの重要領域に関して組織のあらゆるレベルで顧客と密接に連携することにより、施設ごと、事業ごと、そして企業全体に及ぶ計画を実施し、最適な結果を提供します。

持続と改善
顧客とDSSの安全コンサルタントが、持続的な改善余地のある機会を特定し、持続可能な将来像を保証するのに役立つツールと知識を確保します。

製品&サービス