プロセス安全管理に関する研修と育成

組織が職場において直面している人口統計学的変化は、事業の継続性に課題を生じさせる可能性があります。

人員削減や労働力の高齢化、技能を持つ作業者の不足、協力会社への依存の増加などは、いずれもプロセス安全管理に関する社内知識の潜在損失の一因になる要素です。これらの人口統計学的変化のために危険源や関連リスクを認識する能力が損なわれれば、業務のリスクレベルや破滅的なインシデントが起こる可能性が増大するおそれがあります。

大部分の企業は、PSMに関連する能力を構築し、それによって業務リスクを緩和するためのしっかりした研修や育成のプログラムが必要であることを理解しているにもかかわらず、多くの企業では、知識を移転し、必要なスキルを開発できる適正な定義の方法を構築していません。

デュポンサステナブルソリューションでは、組織的な研修のアプローチを構築しています。このアプローチが強力な管理システムや職務規律と複合的に作用することにより、企業が価値を守り、プロセスに関連する大規模なインシデント発生の可能性を防止するのに役立ちます。私たちのエキスパートは、お客様の組織に求められる研修や育成のニーズを評価し、融合的な研修ツールを用いて個別に調整したカリキュラムを考案するとともに、プロセス安全管理に関する適性の人材プールを構築し、研修プログラムの有効性を評価するための尺度を特定することが可能です。

私たちのコンサルタントが、単なる研修から移行し、知識の獲得と保持を最大化する研修経験創出を支援しています。