デュポンの持続可能な資本プロジェクトのコンサルティング

デュポンのエキスパートは、資本プロジェクトに対する膨大な経験を活用し、お客様の組織に合った個別仕様の資本プロジェクト管理のための改善プログラムを作成します。現在の資本予算からの収益を10~15%向上させることが可能です。

所有者/事業者としての数十年の経験を通じて、デュポンは今日で最も多く利用され、成功を収めている資本プロジェクトの管理と実行のためのアプローチを構築しました。私たちが誇る資本プロジェクト管理のコンサルタントは、資本プロジェクトのオーナーや財務家をサポートし、本質的に存在する大きな複雑さや多様な利害関係者のニーズ、プロジェクトの懸案事項などを効果的に管理します。お客様のプロジェクトに対し、特に、時間どおり、予算どおりの実行や破滅的な事象が起こる可能性の低減、プロジェクト運用性の向上、企業における資本プランニングプロセスの改善、投資リスクの全体的な軽減などといったメリットの実現を支援することが可能です。世界で最も規模の大きい資本プロジェクトを複数管理してきた経験をもとに、プランニングと実行、そして運用に厳格に集中することで、プロジェクトから優れた成果を引き出します。私たちはまた、リスクの緩和と資本プロジェクトの管理にも厳しい目を注いでおり、一般的に、私たちのソリューションでは資本の全体的な有効性において10~15%の改善が実現しています。

世界で最も規模の大きい資本プロジェクトを複数管理してきた経験をもとに、プランニングと実行、そして運用に厳格に集中することで、プロジェクトから優れた成果を引き出します。一般的に、私たちのソリューションでは資本の全体的な有効性において10~15%の改善が実現しています。また、私たちは、プロジェクトがライフサイクルの全期間にわたって持続可能性を維持できるよう、リスク緩和と環境フットプリントの削減にも厳しい目を注いでいます。

デュポンサステナブルソリューション(DSS)の資本プロジェクト管理のためのアプローチは、早期の集中的なプランニング、フロントエンドローディング(FEL)、高度に統制された実施方法と管理システム集合に基盤を置いてクラス最高の結果を実現するものです。お客様の組織のニーズや要求事項が適正に定義されたら、私たちのコンサルティングエキスパートがそれぞれの組織に合った構造的アプローチをカスタマイズし、FELからプロジェクトの設計、建設、始動、運用に至るまで、資本プロジェクト管理のための活動をプランニングします。

独自開発のデュポンのアプローチなら、最も重要なプロジェクト段階だけでなく、個々の段階で実践すべきベストプラクティスを適正に特定することが可能です。デュポンの資本プロジェクト管理システムは、統制のとれた方法で実行できるよう、高度に構造化されています。その中核を構成するデュポンのベストプラクティスと基準は、リスクを緩和し、プロジェクトを成功に導くのに大いに役立つものです。その後、個々の段階がどのように実施されたかを測定し、評価します。

私たちの提供するあらゆるコンサルティングと同様に、DSSの資本プロジェクト管理のエキスパートも、焦点を絞ったプロセスと対処策を用いることにより、組織による統合的な管理システム、リーダー層の能力、組織構造の導入を支援していくことができます。資本プロジェクトに対するコンサルティングの関わりが終了した後も、顧客企業が長期間にわたってクラス最高の成果を維持できるのは、まさにこの統合によるものなのです。

DSSによる資本プロジェクト管理の方法論

顧客企業との関わりの中で、DSSのコンサルタントは現在の資本プロジェクト管理と実行のプロセスに対する詳細な評価を実施します。その結果を踏まえて、次の要素を盛り込んだ資本有効性の改善プログラムを提案していきます。

 
そして最後に、お客様の組織が資本プロジェクト管理の改善プログラムを実行し、プロセスを維持できるよう支援します。私たちのサポートにより、多くのケースにおいて全体的な資本有効性が10~15%改善され、プロジェクトにおけるリスクの緩和と運用性の改善も実現しているのです。