身を守る数秒間を生み出す DuPont™ Nomex®

消防士は日々自らを危険にさらしています。 切迫した状況で瞬時に判断を下すことが求められます。 判断に費やす時間が数秒増えるだけで、結果が大きく異なることがあります。 広範な試験で、Nomex® 繊維は熱伝達性が著しく低いことが示されています。 突発的な火災の状況下で、消防士が身を守るために最も時間を必要とするその瞬間に貴重な数秒間が生み出されます。

58

生死を分かつ数秒間
突発的な火災時は、最初の数秒間で、軽度の熱傷で済むか、命にかかわる重傷を負うかが決まることがあります。 生存の決め手となる最大の要因は、第 2 度および第 3 度の熱傷を負った部位の全身に占める割合です。 全身に対する熱傷部位の割合が低ければ、生存率が高まります。

DuPont™ Nomex® 製の難燃性衣服は、突発的な火災の熱や炎から着用者を守ります。身を守るための貴重な数秒間を生み出し、熱傷の可能性を最小限に抑えます。

強靭なバリア
DuPont™ Nomex® は火炎ばく露時に繊維の厚みが増すことにより、熱伝達を軽減します。 このため、熱源と皮膚の間の熱的防護バリアが増大し、着用者に伝わる熱が減少します。 この強靭なバリアは冷却するまでしなやかな伸縮性が維持されるため、運動性を損なうことなく、身を守る数秒間が生み出されます。

DuPont™ Nomex® は、メタ系およびパラ系アラミド繊維が最適な比率で混紡され、理想的な快適性、通気性、防護性を備えた軽量の繊維で、数十年にわたって世界中の消防士を守ってきたことでその性能が実証されています。 優れた熱的性能を発揮するほか、繊維本来の難燃性を備えています。 さらに、生地が溶融して滴下することなく、冷却するまでしなやかな伸縮性が維持されるため、危険から脱するまで着用者の身を守ります。