警察官向けの Nomex® 耐熱ソリューション

警察官は、職務上に多くの危険にさらされる可能性があります。 そのため、火炎瓶、爆発の可能性、弾薬の爆発、その他の原因による高熱や火炎に対する適切な熱防護が必要です。

警察向け難燃防護服に関する欧州規格

DuPont™ Nomex® 繊維は、防護衣料や付属品の重要な成分で、世界各地の警察官に使用されています。 また、警察官向けの Nomex® は、断熱性、耐久性、運動性も優れています。

Nomex® – 危機的状況で反応する繊維

Nomex® は、素材本来の難燃性および耐高熱性を備えたメタ系アラミド繊維で、溶融して滴下することや、空気中で燃焼し続けることがありません。 Nomex® に備わる防護性の主な要因は、強烈な熱にさらされると炭化して厚くなる特性で、熱源と皮膚の間の防護バリアが増大し、熱傷の可能性が最小限に抑えられます。 この熱作用は分子構造に組み込まれ、難燃性化学物質が生地、織糸、繊維、ポリマーなどに加工処理されるわけではないため、Nomex® の防護性は永続的で、洗濯や磨耗によって劣化することがありません。

警察官向けの Nomex® 耐熱ソリューションは、次の素材本来の持続的な耐熱性を有します。

  • 火炎から離れた後に燃焼し続けず、溶融することもない。
  • 高熱や火炎にさらされたときに毒性ガスや刺激臭を発しない。
  • 幅広い化学物質に耐性がある。
  • 長年の耐用期間にわたって摩滅、引裂、摩耗に強い。
  • 毛細管作用により、蒸気が繊維を伝って広がるため快適性が高い。

快適性および外観

着用者の快適性には、衣服の重量、帯電防止特性、吸湿発散性の 3 つの基本特性が影響します。 Nomex® 繊維により、この 3 つすべての結果が高くなります。
Nomex® 繊維製の生地は、柔らかく、軽量で、従来の布地のように作用するため、極めて快適な着心地です。 DuPont では、厳格な防護基準を満たしながら、防護服のデザイン性および快適性を高めるための設計ガイドラインを示しています。

耐久性、手入れのしやすさ、耐用期間コスト

防護服の購入の費用対効果は、耐久性、手入れのしやすさ、耐用期間コストの 3 つの要因に左右されます。

Nomex® 繊維製の生地では、FRT (難燃加工) 綿製や綿混紡製の生地よりも寸法安定性および外観を持続させることができます。

Nomex® 繊維製の衣服は、家庭用洗濯機にも産業用ランドリー設備にもドライ クリーニングにも対応し、表面にしわが寄らず、洗濯後にアイロンをかける必要がありません。

Nomex® 繊維製の衣服は購入価格が高くても、耐用期間中に可能な平均洗濯回数が多いため、この価格は相殺されます。

Nomex® の次のソリューションも警察機関の業務に適しています。

  • Nomex® Comfort
  • Nomex® IIIA
  • Nomex® ProVis
  • Nomex® LS

情報&アイデア

使用例・採用例