防護を織り込んだ DuPont™ Nomex® 繊維製の衣服

火災はその予測不能な性質によって危険が増大します。 Nomex® 繊維製の防護服により、人員を効率的に守ることができます。

火災により、火炎に遭遇した作業員にも、火災を被った事業にも破滅的な被害がもたらされることがあります。 DuPont は、40 年以上前に火災の危険にさらされる人員を防護する難燃性衣服の必要性を認識しました。 そして、DuPont の科学者によって、消防士、産業労働者、警察官、軍事要員を強烈な熱、災、火から守る画期的な難燃素材の Nomex® 繊維が開発されました。

Nomex® 繊維は、破断を最小限に抑え、火と皮膚の間に安定した不活性バリアを設けて、着用者が火炎に直接さらされないようにします。 Nomex® 繊維は、高熱や火炎の危険に直面すると、生地を炭化させて強靭な防護層を形成する一方で、冷却するまでしなやかな伸縮性を維持します。 さらに Nomex® は、他の生地のように溶融して滴下することがありません。溶融や滴下が生じれば生地が劣化し、素材が溶けて火傷を負う危険性が高まります。

DuPont は欧州で、DuPont™ Nomex® パートナー プログラムを確立しています。 このプログラムは、DuPont の厳格な品質管理に準拠した生地や衣服を扱う、顧客志向の生地および衣服メーカーの選ばれた少数のパートナー企業で構成されます。 こうしたネットワークにより、Nomex® ソリューションとして各社が提供する製品の性能やサービスが一貫したレベルに保たれます。

製品&サービス

デュポンの製品ブランド

情報&アイデア