出動服 – 防衛の最前線

消防士は大きな荷重に耐えなければならない場合があります。出動服がさらなる重荷になることは許されません。 DuPont の繊維によってメーカーは、消防士が直面する熱的危険に耐えるだけでなく、着用者の運動性を制限することなく任務を遂行できる難燃性の裏地、アウターシェル、付属品を製造できます。

当社ではこのために Nomex® ブランドの繊維など科学に基づくイノベーションを通して、防護性の向上に活用できる独自の技法の研究を続けています。 Nomex® 繊維製の出動服や付属品は、市販されている他の材質や繊維とは異なり、素材本来の難燃性を備えているため、溶融して滴下することや、空気中で燃焼し続けることがありません。 さらに、Nomex® の熱防護性は永続的で、優れた難燃性が洗濯や磨耗によって劣化することがありません。

規格の要求事項、利用者からの明細な指示、対処する危険に応じて、単層の衣服にも多層の衣服にもさまざまな組成や構造の織地、編地、不織地が使用されています。 以下は、下着、ポロシャツ、森林火災防火服、制服、出動服などで消防士の防護性能を高めるために使用される一般的な生地の種類です。

アウターシェル
Nomex® 繊維を用いた構成のアウターシェルは、その材質により高熱に耐え、強度を保ち、内衣層と着用者を守ることができます。 永続的な撥水処理を施すと、軽量性が維持され、衣服の断熱機能の大部分を担う貴重な空気層が水分によって損われることがありません。

防湿バリア
水分を確実に遮断する防湿材を扱うメーカーは、Nomex® 製の不織地により、液体不透過性フィルム用の強度の難燃性基材を製造できます。 防湿バリアによって水分、化学物質、ウイルス性因子の侵入が阻止されます。 他方、こうした防湿バリアには通気性があるため、代謝熱が放出され、激しい活動中のヒート ストレスが総じて軽減されます。

断熱バリアおよび内衣層
Nomex® 繊維製の断熱バリアおよび内衣層により、耐久性、柔軟性、断熱性が備わります。 各層に吸上または撥水加工を施すと、吸湿発散性が向上し、衣服の乾燥時間が短くなります。

製品&サービス

ケーススタディ

情報&アイデア

デュポンの製品ブランド