バイオ ポリマーの性能水準を引き上げる

DuPont は、再生可能資源バイオポリマーのポートフォリオを業界最大規模で展開し、化石燃料への依存度の低減に貢献しています。

DuPont は、性能を損なうことなく化石燃料の使用量を低減できる次世代型バイオ ポリマーを開発するための大規模な科学研究開発に投資しています。

ポリマーに関して、「再生可能資源」と「バイオ」は同じ意味で植物由来の再生可能資源から生成されたカーボンを含む材料を指します。これらの材料は、植物由来の原料を重量比で 20% 以上含むことが炭素 14 年代測定法 (ASTM 定義) で実証された場合に再生可能資源と定義されます。

植物由来の再生可能資源またはバイオマスから作られるバイオポリマーを選択する利点には、LEED 認証ポイントの取得と化石燃料の使用量の低減があります。 また、DuPont バイオポリマーは、耐久性などの特性を備え、要求の厳しい用途でもその用途に不可欠な性能を実現します。