カルレッツ® パーツの耐薬品性

トリソルベント テスト
フルオロエラストマー O リング (左) と Kalrez® O リング (右)。 トリソルベント テストにおける Kalrez® O リングの膨潤はわずかです

カルレッツ® パーフルオロエラストマーパーツ(FFKM)は、1,800 種を超える化学物質、溶剤、プラズマによる腐食に対する耐性を備えています。 カルレッツ® パーツは、過酷な環境で優れた性能を発揮します。 酸、アミン、プラズマ、超高純度脱イオン水、強塩基などに対する耐性が求められる用途でも、カルレッツ® パーツは最適な効果を示し、それぞれの運用環境においてもシール性能を向上させることができます。 様々なカルレッツ®ラインナップを用意しており、それぞれが最適な特性を備え、さまざまな化学物質が影響する幅広い温度領域で最良の性能を発揮するように配合されています。耐熱性と耐薬品性に関する製品をお探しの際は、カルレッツ® アプリケーションガイド をご覧ください。

膨潤を最小限に抑える

他社製エラストマー O リングやシール部品では、化学反応による膨潤が発生し、シール溝からはみ出しが起こりシール不良の原因となる可能性があります。 カルレッツ®パーツは、高濃度の硝酸、水酸化ナトリウム、エチレン ジアミン、蒸気など、幅広い化学物質や溶剤にさらされる環境でも優れた耐膨潤性を発揮します。カルレッツ®パーツは、過酷な化学環境や高温下で優れた耐性が求められるシール環境における費用対効果の高い製品であることが実証されています。