太陽電池生産における傾向

太陽の方を向いているソーラー パネル

太陽光を利用したソリューション: 低摩擦ベアリングでフレームの耐久性を強化

DuPont の材料は、低摩擦ベアリングから難燃性の部品カバーまで、広範な用途で太陽エネルギー生産に貢献しています。

長寿命の代替品の開発

DuPont の材料は、太陽光発電業界において 30 年以上使用されています。 当社は、ソーラー システムの効率化とコスト削減の一端を担ってきました。 太陽光発電システムの効率を向上させ、生産者とお客様にとっての費用対効果を高めることに、日が輝くすべての場所で協力して取り組みを続けています。

192,000 個の反射鏡がスムーズに太陽を追尾

スペインの Majadas de Tiétar にある ACCIONA Energía S.A. 所有の太陽熱発電所では、特に低摩耗性/低摩擦性グレードの DuPont™ Delrin® で作られた低摩擦ベアリングが、計 192,000 個の放物面鏡を支えています。

Delrin® 製の低摩擦ベアリングは、動的摩擦係数が 0.13 と非常に低く (標準グレードは 0.35)、太陽の動きに従って油圧駆動で動く鏡の滑らかで安定した位置決めをミリ単位の精度で可能にします。 この材料の高い耐摩耗性は、鋼製ベアリングに比べて、保守コストを削減し、発電所全体の効率を改善するのに役立っています。 これは、総運用コストの削減に大きく貢献し、エネルギー生産コストも抑えられます。

ACCIONA Energía は、太陽熱発電所の製造分野において世界をリードする企業の一つです。 Majadas de Tiétar にある 50 MW 規模の太陽熱発電所は、32,000 世帯に太陽熱発電の電力を供給しています。 従来の石炭火力発電所と比較すると、太陽熱発電所は、年間約 100,000 t の CO2 削減に貢献しています。

よりスマートなシステム通信

ドイツのニーステタールにある SMA Solar Technology AG 製インバーターには、難燃性で無線対応の DuPont™ Zytel® がインバーターのカバーに使用されています。

インバーターは長期にわたりソーラー システムの心臓部で稼働し、ソーラー モジュールによって生成される直流電流を、家庭や企業への電力供給に使用したりグリッドにフィード バックしたりするための交流電流に変換します。 現在、インバーターの多機能化が進み、装置出力の追跡や管理を容易にする無線接続が組み込まれています。 

以前は、インバーター モジュールのハウジングは通常、金属製でした。 しかし、電波が金属を透過しないため、SMA Solar Technology は「Sunny Boy」インバーターのカバーに、金属ではなく難燃性グレードの DuPont™ Zytel® を選択しました。 それぞれのインバーターには無線通信を可能にする Bluetooth® インターフェイスが搭載され、Zytel® が電波を遮ることはありません。 それと同時に、Zytel® は絶縁耐力、機械強度、剛性、高い寸法安定性など、既存の材料特性ニーズを満たしています。

太陽光発電をより実用的に

太陽光発電技術における最も重要な変化の一つが、生産効率の向上です。 価格の低下に伴い、太陽電池パネルを家庭やオフィスの屋根によく見かけるようになりました。

DuPont™ Rynite® は、機械的特性と熱特性をバランスよく備え、太陽電池モジュール フレームと部品の生産工程で高い費用対効果を実現するための重要な材料となっています。 現在、DuPont はこれらの用途に 2 種類のグレードをご用意しています。 Rynite® 935SUV は、35% ガラス繊維/ミネラル強化 UV 安定化グレードのポリエチレン テレフタレート (PET) で、射出成形に適しています。Rynite® 540SUV は、40% ガラス繊維強化 UV 安定化グレードの PET で、押出成形と射出成形に適しています。

コスト削減は、考慮すべき条件の一つに過ぎません。 ソーラー システムはさらに、安定した性能を備え、長寿命である必要があります。 このため、Rynite® のどちらのグレードも、高剛性と低反り性を兼ね備えており、特に長期にわたる屋外での使用に対応するために開発されました。 Rynite® をフレームに使用することにより、耐久性の向上や優れた表面仕上げに加えて、紫外線、熱、風、大雪への耐性も備えることができます。

*Bluetooth は、Bluetooth SIG が所有する文字商標です。