ウォルト・チェン

マネージング・ディレクター、グレーター・チャイナ、デュポン エレクトロニクス アンド コミュニケーションズ

マネージング・ディレクター、グレーター・チャイナ、デュポン エレクトロニクス アンド コミュニケーションズ

2011年12月からデュポン エレクトロニクス アンド コミュニケーションズ、グレーター・チャイナのマネージング・ディレクターに就任。本拠地は中国・上海を拠点。これ以前は、デュポン マイクロサーキット マテリアルズのグローバル・ビジネス・ディレクターを経験、エレクトロニクス、ディスプレイ、コミュニケーションシステム、太陽光発電の市場で大きな成長を遂げた事業のリーダーを務めた。

1980年にデュポン台湾に入社、超小型回路材料のテクニカル・スーパーバイザーとしてデュポン・ジャパンに転勤。1986年以降、技術、マーケティング、経営管理、合弁事業形成、事業分離でいくつかの地位を歴任し、その地域のいくつかのデュポンの合弁事業のマネージング・ディレクターを務め、2003年にデュポン台湾の社長に就任。デュポン台湾テクニカルセンターを設立、2008~2009年には、相互依存性イノベーションの統合改善とこの地域の顧客と技術の距離を縮めるための中国、台湾、日本の3箇所での太陽光発電技術センター設置を指導した。

専門分野:      

  • 太陽光発電(ソーラー)ソリューションによる化石燃料依存の低減
  • 世界のソーラーエネルギーの市場とテクノロジーのトレンド
  • アジア・太平洋地域のPVの市場とテクノロジーのトレンド
  • 知的財産(IP)窃盗と保護
  • PVモジュールの長期信頼性
  • 変換効率改善、寿命、PVシステム総コスト削減を推進する太陽光発電材料とテクノロジー
  • ソーラメット®など太陽電池金属化ペーストとインク
  • PV産業における銀への依存の低減