シリコン太陽電池用ソーラメット® メタルラップスルー(MWT)技術

裏面相互接続型シリコン太陽電池向け最新世代のメタルラップスルー(MWT)技術

デュポン™ ソーラメット® PV701太陽電池導電ペーストは、とくに、MWT太陽電池で標準のセル設計よりも最高 0.4%の高い変換効率を実現するものとして開発されました。MWTは、表面のフィンガー電極と裏面のバスバー電極との接続をしてセルの表面の遮光を減少させる、特殊なセル構造です。この接続はバスバーと同じ組成のシリコンに開いた孔を通ります。

E裏面タビング相互接続用のペーストおよびp接点による電極材として採用されたソーラメット® PV701 の特徴

• 表面銀グリッド構造への優れた電気接点
• 高い機械的強度
• 高いシャント抵抗
• 高い線導電性
• p型電極として抜群のはんだぬれ性
 

関連 製品&サービス