フラッシュ火災の中、ノーメックス®繊維が製油所従業員の命を救う

 
 
 
Application
フラッシュ火災の中、Nomex® 繊維が製油所従業員の命を救う | DuPont USA
注目のブランド
DPS_Nomex_Industrial_Refinery
 
 
 

Colorado Refining Companyの従業員であるMarvin Staben氏が、氷点下の冬の朝、仕事着に着替えたとき、デュポン™ノーメックス®製のカバーオールとコートが命を救ってくれることになるとは思ってもいませんでした。

午前中、Staben氏が5,000ガロンの水平ドラムの端を歩いているとき、閃光が視界に入りました。その瞬間、彼の周囲にあった可燃性の蒸気雲にどこからか火が付き、Staben氏は炎に巻き込まれてしまいました。

同氏は、そのときのことをこのように振り返っています。「とにかく目を閉じて、駆け出しました。5 歩ほど走ったところで止まって目を開けましたが、周囲を炎に取り囲まれ、炎だけしか目に入りませんでした。」Staben氏は再び目を閉じて走り続けました。

「『どれぐらい走ればいいんだろう』と考えました。15インチの段差を落ちて地面に転がったとき、冷たい空気を感じたのです。」

別の社員が、炎から逃げようとするStaben氏を見つけ、転がり続けるように言いました。さらに3回転したとき、Staben氏は発火点から35フィートの地点まで来ており、同僚がStaben氏を火から引っ張り出しました。

Staben氏は致命傷を負ってもおかしくない状況でしたが、実際には顔と首に1度と2度の火傷を負っただけで済みました。同氏は、ノーメックス® 難燃性(FR)繊維の防護服が命を救ったのだと言います。ノーメックス® は、燃焼、溶融、滴下せず、 火と着用者の間の防護壁となります。このような特性は、繊維自体の化学構造に由来するものであり、局所的な機能ではありません。ノーメックス®が提供する炎からの防護は、洗浄や摩耗によって劣化することはありません。

ノーメックス®緊急時対応者、電力会社の従業員、カーレーサー、軍人、製油所の従業員によって着用されています。Colorado Refiningは、1979年から全社員にノーメックス®着用のポリシーを義務付けています。

「当社では、全社員に3組のカバーオール、ジャケット、キルトジャケット ライナー、ヘルメットライナーを支給しています。これらはすべてノーメックス®製です」と、Colorado Refining社の安全管理責任者、Mike Mathews氏は説明します。「Marvin Stabenのケースのように、当社のノーメックス®プログラムによって1つでも重傷を防ぐことができれば、それだけで元が取れたと固く信じています。」

事故当時、Staben氏は、会社から支給されたノーメックス®製の衣類の下に、保温性のロングジョン、スウェットパンツ、フランネルシャツ、フード付きのポリエステルのトレーナーを着て、フードをヘルメットの上からかぶっていました。

「火がどれほど熱かったかは、カバーオールの下に着ていた服の、腰から下がすべて焼け焦げていたことからわかります。」とStaben氏は言います。「後ろのポケットに入れていたゴム手袋は完全に溶けていました。トレーナーのフードは取れてなくなってしまいました。

「私はとても幸運だったと思います。私の人生は、数秒で何もかもが変わっていたかもしれません」とStaben氏は続けます。「ノーメックス® を着ていなかったら、おそらく今ここにいなかったでしょう。」